中3生の英語学力予備調査が開始!

新聞報道によりますと、「全国学力調査」で、来年度から中3生に対し英語の調査が導入されるのに向け、その予備調査が始まったということです。調査の対象は「読む・書く・聞く・話す」です。日本の英語教育の流れは、子どもたちのスピーキング力を伸ばそうという方向で進んでいます。今後は言語到達指標としてのCANーDO(英語でできること)を多く学ぶとともに、CEFRにおける2つのスピーキン力、「やりとり(interaction)」と「発表(production)」を学習していく必要があるのではないでしょうか。そのためには、英検などの試験にも積極的に取り組み、英語学習量を増やしていくことが重要だと思います。生徒の皆さんがんばって「使える英語力」を身につけてください!