小学校英語が重視されます!

文部科学相の諮問機関「中央教育審議会」によりますと、正式な教科になる小学校の英語について、「2018年度から先行実施できるように準備すべき」との提言がなされたそうです。小学校英語が徐々に改革されてきました。グローバル社会の中で日本が活躍するためには、英語が必須となってきましたね。しかし、本当に子どもたちの英語力を伸ばすのであれば、先に正解ありきのテストだけではよくないと思います。もちろん、きちんとした英語を使えることは重要ですが、中学校や高校の英語の問題が、まるで難解なクイズを解くようなことがあります。または、丸暗記すれば点数が取れる問題も見受けられます。これでは英語嫌いな子どもたちが増えるだけです。多少の間違いがあっても、コミュニケーションを取ろうとすることで評価されるようになってほしいですね。ぜひ、英語が好きだと思えるような子どもたちをたくさん育てましょう!