大学入試改革の意義に賛成です!

先日の朝日新聞によりますと、下村前文科相は「英語が身につかないのは受験英語の弊害だ。」とお答えしていました。そうですね。英語はトレーニング科目ですから、特にスピーキングは話す練習をしないと話せないと思います。スピーキングが受験の時に必要となれば、日本人のスピーキング力は間違いなく上がると思います。そのシステムを構築するのは大変だと思いますが、高校生や中学生がバンバン英語を話せるようになったら素晴らしいですね。